住みたくない家

住みたい家の条件もたくさんありますが、住みたくない家の条件もたくさんあります。
そのどれもをクリアーする家を手に入れるのは、つくづく大変だなと思ってしまいます。
具体的に住みたくない家とは、どんな家かをリストアップしてみました。

1.数年から10年前まで池や水田のような湿地帯だった土地や、そのごく近くに建てられた家。

TVで玄関先や庭先から水が湧いてきたというニュースがありました。
古地図を調べると、そのあたりは数十年前までは沼や湿地であったことがわかりました。
知らずに家を建ててしまった人や、建売を購入してしまった人たちの困惑は計り知れません。

そのようなことは特殊なことに思えますが、同じ場所に数十年と暮らしていると、あそこは8年ほど前まで釣り堀があって土地も低く周囲は湿地だったとか、現在では綺麗に埋め立てられたり舗装されたりして家が立ち並んでいますが、古くから周辺に住んでいる人から見ると、ちょっと信じがたいことです。

2.敷地内に古い宗教的な遺物が隣接する場所に建てられた家

古墳まで行かない小さな塚や青面金剛などの石碑など、由来がはっきりせず、しかも現代の信仰では失われた遺物が手を付けられずに各地にたくさん残されています。たいてい公園や駐車場の奥など目立たない場所にひっそりとありますが、昔の街道沿いを人口が増えるにつれ整地した場所には、昔から古いお地蔵さんが数体あったりします。
道路ぎりぎりの位置にそのまま動かせず置いていたところ、頭が落ちて以来コンクリートの塊が代わりに乗ったままとかいう場所があります。
長らくその近くは倉庫や駐輪場でしたが、最近の人は気にしないのか新しく今時なカラフルな住宅が建っているのを見て驚いたことがあります。
しかし案の定そこの住宅は長居しませんでした。

3.事故物件の土地や出る家、風水的に良くない家

新築で見事な家にお邪魔したことがあるのですが、住んで居る人が一人で家にいるのが怖いという家がありました。
霊感はないため何も感じませんでしたが、駅前は人口の増加に伴い栄えていくにもかかわらず、昔からあたり一帯夜ゴウゴウと強い風音がする地域があります。昔は雑木林で何もなかったところに建てたはずが、人の気配がやたらとするのだそうです。
玄関を開けるとすぐ二階に上がるに階段があるのが風水的に良くなさそうだと、素人目には思いました。

 

まだまだあります、住みたくない家のあれこれ…。
今回は住みたくない家怖い編でした。

 

 

 

<a href=”http://chck.info/” target=”_blank”>生命保険の選び方</a>

<a href=”http://saerch.info/” target=”_blank”>マッサージのリアル口コミ.com</a>

<a href=”http://www.54club.com/” target=”_blank”>家計見直しクラブ</a>

<a href=”http://seacrh.info/” target=”_blank”>女性向けエステ.com</a>

<a href=”http://checkfile.info/” target=”_blank”>健康マニアによる無病ライフ</a>

<a href=”http://cehck.info/” target=”_blank”>英語上達の秘訣</a>

<a href=”http://jal-card.com/” target=”_blank”>JALカード</a>

<a href=”http://esarch.info/” target=”_blank”>クレジットカードの即日発行じゃけん</a>

<a href=”http://jikahatsuden.info/” target=”_blank”>住宅リフォーム総合情報</a>

<a href=”http://searchafter.info/” target=”_blank”>お家の見直ししま専科</a>